Blog

明治大学バイオリソース研究国際インスティテュート 梅山一大特任准教授、長嶋比呂志教授と、慶應義塾大学医学部整形外科学教室 松本守雄教授、渡邉航太専任講師の研究グループは、人工酵素と体細胞核移植を組み合わせた方法により、マルファン症候群の原因となる変異FBN1を有するブタを作ることに成功し、その系統樹立に成功しました。<br /> 本研究成果は、2016年4月14日(英国時間: 10:00AM)に、英国の科学雑誌「Scientific R...

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: あ、いいな ドット混む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー