Blog

豊川でこんなことがあったそうです。
どう思いますか?
ハーツさんが拡散を希望されています。
以下、ハーツさんのブログから転載です。
******************************
拡散希望!豊川市職員のとんでもないアドバイス
2016年04月02日 (土)
**** ハーツ活動日誌 【2016.04.02】 ****

「ボランティアは厄介な連中で、めんどうな事になるから、

住民がみんなでエサやりに反対して、
エサを止めさせれば野良猫を追い出せる」
フンをする猫が大嫌い、エサやりが許せんと
市役所に怒鳴って来た住民に、
愛知県豊川市の環境課職員がこうアドバイスしました。
一月末、「頼まれてエサやりをしていたら、
子猫が生まれてしまい、どうしたらいいか環境課に相談したら、
どうにもならないと言われ、困り果ててハーツさんを探しました」と
70代のご夫婦から電話がありました。
その敷地に住んでいたおばあさんが亡くなる前に、
エサを与えていた野良猫の世話を頼まれたとの事。
すぐに現場に行き、8匹の猫を確認。
土地を管理する方に許可を得ると同時に、近所への説明も始めました。
5日間で7匹を捕獲し、成猫は不妊、去勢手術を済ませ、
3匹リターン、親子4匹を引き取って飼い主探しをしています。
費用はご夫婦とハーツが負担しました。そ
の後、トイレの設置も済ませました。
そんな中、近所に住む男性からご主人が胸ぐらを掴まれ
「エサをやるな、ぶっ殺してやる」と脅されたと
奥さんから泣きながら電話があったので、
翌日、警察官に同行してもらい、
ご夫婦と私でそのお宅を訪ねたのですが、話になりませんでした。
「猫なんか絞め殺す、逮捕されても構わん、
ボランティアなんてロクなもんじゃねぇ、
バックに怪しいヤツらがついてる」。
その時に大声で言ったのが、冒頭の豊川市職員の言葉だったのです。
「市に知恵をつけてもらった。こうすれば猫を追い出せると」。
地域猫やTNRなどの話はしなかったそうです。
すぐに豊川市の環境課を訪ね、
当の職員に録音の許可を得て事実かを確認したところ、
その通りだと自身の発言を認めました。
しかも「ボランティアはエサやりである。
結果、ボランティアが来ると猫が増えて、フンが増え、町が汚くなる。
環境課は市をきれいにしたいからボランティアは来ない方がいいと思った」
という主旨の事を言いました。

その他にも信じられないフレーズがいくつもありましたが、

その点はまたブログでお伝えします。
今回の発言は大問題だと考えます。
ずっとこんな対応をして来たとしたら、
これからもこんな事を言い続けるとしたら、
市民にとっては大きな不利益です。
これを機会に反省し、勉強して認識を改め、
正しい対応をして欲しいと思い、このブログで公表しました。
皆さん、豊川市にご意見をお願い致します。
よろしくお願いします。

愛知県豊川市 環境部 環境課 電話番号  0533-89-2141
               FAX 番号   0533-89-2197
                     メールお問い合わせフォーム  

***********************
転載以上
遺棄・虐待は犯罪です!
STOP!!捨て猫
捨て猫を見たら、警察に通報してください!

?᡼? 2

  

転載元: おおぶ地域ねこの会のブログ

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: ペットファミリー


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー