Blog

はじまりは おわり おわりは はじまり 点と点が 線になる

posted at 17:52:43

意味と、心の背景と。

posted at 17:20:54

自分にも惹きつけて、共鳴しあうものがあったはず。 でも、違和感もあったはず。 少しずつ、少しずつでいいから、時間をかけて、一つずつ意味を考えていきたい。 ゆっくりと、虚ろにならないように無理せずに。

posted at 17:20:25

頭が、ぐわんぐわん〜 まだ、文字を打てるだけいい。 今のうちに休息せんと。 無理が効かなくなったのは、たぶん、あの頃から。 けったいなものだ。

posted at 17:16:40

今日は、もう疲れた😅 まだ、夕方なのに。 重たいことばかりしとったら、あかん💦

posted at 17:13:13

それでないと、何も分かったことにはならなくて、単なる「体験」でしかなくなってしまう。 「体験」から学ぶものがあって、「経験」となる。

posted at 16:30:34

もし、相手がサイコパスのような性質を持っていたのだとしたら、なぜ、私は出逢ってしまったのか? 自ら望んで進んでいったのは、そして、違和感にも目をつぶり続けたのは、なぜか? これからの自分を、ただ戒めれば良いなどという、単純な規約めいた視点ではなくて、意味を理解したい。

posted at 16:28:32

って、パパだって、すごく可愛がってくれてたんだって、感じてもらいたい。 叶うかどうか藪の中だけどね、願わくば……。 きみが、おぎゃあと生まれてきてくれた時、パパも涙が溢れて止まらなかったんだよ。 きみが宿ってからー 生まれてからー いつだって、ずっと、きみのこと想ってる。

posted at 16:12:36

きっと、いつか、意味が分かってきたときに、本当の安らぎと解放が来るのかな? 分からないままだと、慢心すると囚われちゃうもんね。 意味が分からないままだと、娘に聴かれるときが、もし、あったとしても応えてあげられないような、 たぶん、そうだよね。 あの子には、生まれてきて良かったんだ

posted at 16:04:28

少し、早くなっている動悸も、少しだけ、切れかけている呼吸も、穏やかにできるから。 そっと目をつぶって、深く息を吸う。 私は、まだ生きている。 これからも、生きていける。 太陽が観てくれているから。 ↑ このフレーズ、一人マイブームになるかもw

posted at 15:59:20

自分が、出来ることと、出来ないことを区別する。 出来る時と、出来ない時も区別する。 ほんわか、ぽてぽて。 猫は変わらず、元気(^^) 外からは、明るい午後の陽射し。 心地良い空気に、近くの公園からは子ども達の遊ぶ声。 平和な日常。 そっと、自分の呼吸を見つめてみる。 うん、大丈夫。

posted at 15:55:46

少しずつ、少しずつでも知りたいと思う。 でも今は、フラッシュバックの影響からだろう、ちょっと目眩もする。 無理せず、ゆっくり、ひらひら。 リハビリの感覚もあるね。 吐き気がしていないだけ、まだ良い。 以前よりは、自分の不調が、どこから来ているのか、察しやすくはなってきた。

posted at 15:52:02

人を苦しめたい人ばかりではないけれど、人を無残に苦しめられる人は、なぜ、そんなことが出来てしまうのか。 責める意味ではなくて、その心理も知っていきたい。 責めるばかりでは、何も観えないままだし、意味も分からないまま。 油断すると、偏った視野狭窄に、どんどんなってしまうから、

posted at 15:47:17

今はまだまだ、道の途中、小さな一歩。 太陽が観てくれているから。 川べりの小道を、ぽてぽてと、ゆっくりと歩く。

posted at 15:28:22

声にならない声でも、血の滲むような声、 言葉にならない声、骨身がきしむような声、 …… 声にならない声 声が大きければ、権力があれば、世間を使えれば、 それが正しい? 何でも通る? そんな理不尽、不条理ではなくて、 本当のことが大事なんだと、私は思い続けたい。

posted at 15:20:59

傍から見るほど、キレイ言葉で片付けられるほど安くはない。 私にも人権はある、何度、思ったか。 むやみに人を傷付けたり、決して罵倒してはいけないよ。 付け込んでもいけない。 人は打算で利用するものてはなくて、心を通わせて支え合うものだよ。

posted at 15:14:17

事実に相違した歪曲の創作が、どんどん膨らんで、まるで事実にされていく。 そんな妄想と虚言で、尊厳すら消え去るほどに踏みにじられ続けて、自己否定感まみれになった苦しみは、言葉なんかで簡単に言い尽くせない。 そこから、ほんの少しでも這い上がるのは、とても想像を絶することだった。

posted at 15:11:18

どれだけ超えてきたか、分からない。 人には、自分にも、あんなに激しく深い闇があるなんて、知らなかった。 心が闇に振り回されないようにするためだけに、2年以上を費やした。 今は太陽を観て、自分を再生させないとならない時だから。 知りもしないで人格否定は良くないよ。 誰に対してもね。

posted at 15:02:22

嘘で塗り固めて、相手を潰してまで行なう自己保身、 いくらなんでも、それはダメだよね。 どれだけの打撃を受けるか、人を潰せる当人たちは知らない。 もう、許せないも許すもない。 ただ、じっと、そうだったんだ、と。 これ以上の打撃には、本当に耐えきれるものではないから。 限界なんて、

posted at 14:57:53

私は、これでも、人間だ。 …… と、思っていたことを思い出した。

posted at 14:53:42

、そんな簡単に壊されるなんて、思ってもいなかった。 しかも、その偏見で否定をしていた人が言うには、自分は福祉関係者だと言う。…… 余計に心に刺さる。 以前は全く知らない世界だったが、後になって、私と同じような類似した目に遭った人は、びっくりするほど多いことを知った。

posted at 14:46:41

それが事実に基づいているのならまだしも、嘘で塗り固められた感情の産物でしかないもので、胸先三寸で潰される。 私は、子どもをつくるための種馬か、ATMか、そうではないだろうと人間性を主張したら、目を逸らして、しまいには偽証で潰されるのか。 そんなことが、現代日本でまかり通るとは

posted at 14:44:01

事情も背景も、本当のところすら知らない人が、先入観と偏見で、ある人達を激しく人格否定しているのを見た。 私も、こうやって、ただ一方的に人格否定をされてきたのだなぁ、と、刺さるようにフラッシュバックした。 人格、尊厳を踏みにじられることが、どれだけの傷と苦しみを与えてしまうか……。

posted at 14:39:54

"引用"として活用いただく場合は慣習における引用の範囲内までとし、引用箇所のすぐ分かる位置に引用元として、当ブログ該当コンテンツページのURLを、かならず明確に併記していただきますようお願いいたします。

posted at 07:30:10

詳しくは、当ブログのご利用規約『第9条(著作権・所有権)』をご覧ください。 hakuu.xyz/page-123/#Copy…

posted at 07:19:47

当方の拙ブログ hakuu.xyz の文章の複数箇所を、無断コピーされている方がおられるようです。 少しでも価値を感じていただけたのでしたら嬉しくもありますが、ブログも著作物の一つです。 当ブログにおける、いずれの文章も事前許可なしの無断コピー・複写を禁じます。

posted at 07:09:12

街をにぎわす 作られた広告たち きれいで 優しく 楽しく 作られている けれど どこか 寒々しい

posted at 05:59:57

少し、ブラッシュアップ版 hakuu.xyz/post-610/ 私から、きみには「ありがとう」も沢山あるけれど、「ごめんね」も沢山あるよ。

posted at 05:30:18

少し、ブラッシュアップ版 hakuu.xyz/post-606/

posted at 04:44:51

けど、この子を守らないと、何度も、そう思わせてくれたのが、堕ち切るのを防いでくれた。 きみは、私にとっての光なんだよ。 大切な、大切な。 一緒に居てくれる今も、虹の橋でのいつかも。

posted at 03:41:52

こうして表現できて行くようになって、心の回復のプロセスを少しずつ歩めるようになったのも、きみが居てくれているから。 辛いときほど、すぐ傍でじっと一緒に居てくれて、堕ちるときのブレーキになってくれていた。 人は、自分のためにだけだと頑張りきれないし、人のためにだけでも頑張りきれない

posted at 03:37:53

きみとの一瞬一瞬が、パパには宝物だよ。

posted at 03:32:28

そんな時は心から来てほしくないけど、例え、その時が来てもお別れとは思わない。 虹の橋から、パパを観ながら待っててな。

posted at 03:29:14

見たときは、毎回、夢に起こされて、しばらく、呆然とするかのようになっていた。 そんな時も、傍にいてくれる愛猫のぬくもりに助けられていた。 猫ウェイト、大きいなと、我ながら思う(笑) 考えたくはないけど、いつかペットロスにならないように、心の準備もしておかないと。

posted at 03:26:39

そういえば、以前にしばしば見ていた、空を飛ぶエレベーターに閉じ込められる夢。 最近は見なくなっている。 普通のエレベーターだと思って乗ったら、突き抜けて、空中線路をどこまでも走り出すエレベーター。 または、乗って少し経つと縮んで、身動きが出来なくなるエレベーター。 その夢を

posted at 03:21:56

賢くて、きっと、色々と分かっているだろうからね。

posted at 02:11:24

賑やかな生活になったと思ったら、静かな生活になったり。 浮き沈みのように激しい変化はあったけれど、この子は、どう思っているのかな。 たまに、なぜか、一人で玄関に佇んでいたりするけれど、何をどう思って感じているのだろう。 猫と暮らしていない人には分からないかもしれないが、案外、

posted at 02:10:43

↑「とき」が多かった(笑)

posted at 02:05:21

、いつもの台の上に置くと、タタタッと駆け寄ってくる。 年齢は重ねてきたけれど、食欲があるのが嬉しい。 2年前、環境も暮らし方もガラッ変わったとき、この子の食欲がガクッと落ちたとき、もの凄く心配になった時を思い出されて、その点、今はより嬉しい。

posted at 02:03:48

愛猫が、毛布の上で私と真向かいにくつろいでいる。 起きたら、いつもこの子のご飯を最優先する。 私の足元に付いてきて「ごはんー! ごはんー!」とでも言っているかのような、可愛らしいまとわり付き。 ずっと何年も、こうして一緒に暮らしてきた。 何年経っても、この子は甘えたさん。 ご飯を

posted at 01:59:10

傷も 痛みも 遠い過去のように

posted at 01:13:06

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: はくう ー 白空(@hakuuxyz) - Twilog


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー