Blog

母と同居して半年後の

家族旅行は、まるで夜逃げ旅行

でも、家族4人水入らずの

北海道旅行の思い出

楽しいものばかりになりました。

 

その後の母との関係は相変わらず。

いや、悪化していくばかりでした。

 

わたしは乳児を抱え

日中はどこにも逃げられない。

スーパーへの買い物や

長女を保育園に送迎する時が

息を抜く時間でした。

 

人と話すチャンスがあれば

実母と同居している話をしました。

 

すると、100パーセントの人に

「実の母親と住めるなんていいわね、助けてもらえるでしょ」

と言われました。

わたしが母親とうまくいってない話をしても

「血の繋がりがあるから、遠慮がないのよ」

「実の親子だから、言いたいことが言えるのよ」

「姑と同居は大変、いいわね」

という話に持っていかれます。

そうなると、もうそれ以上は話せません。

 

とにかく、誰かに、話を聞いてほしくて

人を変えて幾度となく母の話をしましたが

そのたびに

「ああ、わたしの悩みは、人に受け容れてもらえないんだな」

という思いを強めていきました。

 

ストレスフルな毎日にたまらず

わたしは夫に話をしました。

 

夫は

どろぼう猫の方がマシに思える母の言動や

母につけた仇名の理由を

知っています。

 

しかしながら

わたしと母の折り合いが悪いのは

わたしの努力が足りない、と言うのです。

真心は、必ず通じるはずだから

まだ、やるべきことがあるのではないか、と。

もっと人間的に成長しないと、と。

わたしに言うわけです。

 

正論。ごもっとも。だ、け、ど、、、!

 

座敷ババアと生活している

夫にも理解してもらえない。

わたしの苦しみは

誰も、わかってくれない・・・。

 

わたしは、じわじわと

失望感に包まれていきました。

鳥が1羽とまっている

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: わたしにあるもんで。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー