Blog

本棚に潜むコンプレックス 第2位 の中で

おこづかいについて少し書きましたが、

幼児からおこづかいを渡すことにした動機が

3つあります。

 

 ひとつめ。

 

子どもからの

「買って買って攻撃」から逃れたかった。

まずはこれです。

 

あなたも経験がありませんか?

買い物に行くと、お菓子をねだられたり、

一回だけ!と、ゲームをせがまれたりすること。

そのたびに繰り広げられる親子の小競り合い・・・。

ホッントに疲れますよね。

 

「ガチャガチャ」なんか特に嫌でした。

手に入れた後は存在も忘れ、ゴミになるおもちゃ。

こんなもん要らんわ!と思ってしまう

遊び心のない私。

 

ねだられた時の子どもへの対応が億劫で、

買い物にはひとりで行くようにしていました。

仕方なく子連れの時は

時間がない。とか、今お金持ってない。とか、

あの手この手でごまかしてました。

そのうち子どもも賢くなり

今日は習い事ないし。とか、

さっきのおつりあるやん。とか、

言うようになりました。

 

そして、とうとう

ガチャガチャをやりたいと粘る長女と対峙する事態に。

 

母「ガチャガチャはあかん。」

長女「なんでアカンの?」

私は苦し紛れに言った。

「ウチは貧乏やからパパもママもお金ないの。」

そしたら、長女がキレて叫んだ!

「じゃあああ、誰やったらあ、お金持ってんのよおおおおお!」

 

背中がサブクなった。

貧乏を理由に欲望を抑えつけたら

人の金をあてにするようになるのか!?

マ、マズイ、これはいかん!

 

反省した私は、

ガチャガチャをさせたくない理由を

説明することにした。

 

「ママはお金があっても、ガチャガチャにお金を出す気になれない。

だって、楽しいのはカプセルが出てくるその時までで、大事にしないし、

ゴミになるとわかっているものに100円使うのはもったいないと思う。」

 

そして、

ガチャガチャ以外のお菓子や食材なども

買う時に選ぶ理由を言うようにした。

ただ値段が安いだけで買っているのではないこと、

選ぶ基準や私の大事にしていることを伝えるようにした。

 

それと、

貧乏だからと我慢させると卑屈になったり、

欲しいものがずっと手に入らない不足感も

子どもにはよくないかなと思ったので、

 

「でも、ガチャガチャをやりたい気持ちはわかる。

だから、おこづかいを渡すことにするから自分のおこづかいでやってほしい。」

 

そうして、

我が家におこづかい制が導入されていったのです。

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。

 出典・引用元WEBサイトがある場合は以下に表示されます: わたしにあるもんで。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

心理カウンセラーやコーチングのコーチの方に最適な求人【在宅/時間自由】です。

スキマ時間にでき、経験値や幅を増やすことが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー